JP資源株式会社 価値ある未来へとつなげます。

セキュリティとリサイクルを両立。大切な書類と、大切な資源のために。

重要書類を保管した後、
  機密を抹消して再生化へ。

個人情報保護法により、機密文書の処理は各企業にとって重要な課題となっています。当社では早くから機密処理に取り組んできました。九州事業部は、発足当初から使用済みの重要書類の保管と機密抹消、古紙の再資源化を推進。ペーパーリサイクルシステム「リペシス」を確立させました。

不要となった書類は、コピー用紙
  などに生まれ変わります。

お預かりした書類を、コンピュータで管理されたセキュリティ体制のもとで保管します。書類の保管期間が切れると、重要機密処理用のシュレッダーで細かく破砕。さらに圧縮機でプレスし、製紙工場で再生紙へ。お客様には機密文書の処理量に応じて、再生品をお渡しします。


ページのトップへ